本宮駅前の歯科・歯医者なら、あい歯科クリニック

電話予約

セレック1DAYセラミック

セレック1DAYセラミック treatment

忙しい方におすすめの
1Dayトリートメント

当院のセレック治療なら、歯を削ってから詰め物・被せ物を入れるまでの工程を最短1日で終えることができます。

通常は歯型を取って技工所に送り、そこから技工士が修復物を製作するため、往復の時間も含めて装着までに1週間ほどの時間がかかっていました。 「セレック」というシステムを導入した当院なら、コンピューターによって修復物の設計・製作までを院内で完結させることができます。

これにより、1回の通院で治療を終えられる、治療費を抑えられるなど、患者様にとって多くのメリットがあります。

※症例によっては予定より時間がかかったり、その日のうちに装着できないケースもあります。

クレジットカード・デンタルローン対応

当院では、クレジットカード支払い、デンタルローンに対応しております。
詳しくはお問い合わせください。

歯科専用の
CAD/CAMシステム
「セレック」とは?

「セレック」とは、コンピューターによって歯の修復物を設計・製作できる歯科専用のCAD/CAMシステムです。

歯科医療の先進国・ドイツで生まれ、現在では世界で1,000万以上の症例と20年にわたる実績があります。もともと建築設計で用いられているCAD/CAMシステムは、精度の高さが特徴です。すべての工程をコンピューター上で完結するため、技工士の技量に左右されることなく安定して精密な修復物をご提供することができます。

5つのメリット

最短1日で治療を完了できる

従来は歯科医院で採取した歯型を歯科技工所へ送り、製作した修復物を返送してもらうという流れをとっていました。そのため、患者様は「型取り」「装着」と最低2回の通院が必要でした。 セレックはすべての工程を院内で数時間のうちに完結できるため、多くのケースで1日で治療を終えていただけます。

見た目が美しく長持ちする

セレックでは、高品質のセラミックを使用して詰め物や被せ物を製作します。 セラミックは天然の歯に近い白さや光沢、透明感が特徴です。さらに当院では、ご自身の歯になじむように色合いも数種類から選択していただけます。 セラミックは変色しにくく汚れも付きにくいため、美しさを保ったまま長くご使用いただけます。

精度が高いのに低コスト

セレックでは、詰め物や被せ物の設計・製作のすべてを院内のコンピューターで行います。そのため技工士の技術や経験に左右されることなく、さらに人件費や配送費を抑えることができます。安定した精度の高さで価格を抑えた修復物をご提供いたします。

患者様の身体にやさしい

セレックでは3Dの光学カメラを使って口腔内を撮影し、そのデータをもとに修復物を設計します。粘土のような印象材を噛みしめる型取りが不要になるため、「嘔吐反射」の強い方も安心です。 さらにセラミックなど非金属の素材を使用するため、金属アレルギーの心配もありません。

再発リスクを軽減できる

従来は歯を削って型取りをした後、仮の修復物を使って1週間ほど過ごしていただく必要がありました。仮の修復物は精度が劣るため、歯との隙間から細菌が入り込んでむし歯が再発する可能性があります。 セレックは、歯を削ったその日のうちに正規の修復物を装着するため、再発リスクを軽減させることができます。

当院の特徴

▶夜間の調整も対応

お仕事や学校などで昼間はお忙しい方のために、夜間の治療にも対応しています。18時半~22時の間をセレック専用時間としており、最短1時間で修復物を製作し、その日のうちに装着してお帰りいただけます。

※症例によって、装着は後日になるケースもあります。

▶さまざまな素材が選択可能

当院では、セレックシステムと合わせて「スピードファイア」という機械も導入しています。セレックで製作できる修復物はセラミック素材のみになりますが、スピードファイアを使用することでセラミックよりも強度の高いジルコニアやe-maxといった素材も扱えるようになりました。これまでは完成までに1週間程度を要していたこれらの修復物も、短時間で製作可能です。

※症例によって、予定より時間がかかることもあります。

製作の流れ

カウンセリング
お悩みや気がかりなことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
まずはしっかりとカウンセリングを行い、治療を始めます。

18時半~22時はセレック治療専門時間になりますので、日中お忙しい方も安心して通っていただけます。

電話

スキャン(型取り)
歯を削ったら、3D光学カメラで口腔内を撮影(スキャン)します。
粘土のような印象材を噛みしめる不快感が苦手な方、嘔吐反射が強い方も負担が軽く、わずか数秒間で患部の詳細なデータを取ることができます。
※症例により印象材による型取りが必要な場合もあります。

修復物設計
撮影したデータをコンピューターに取り込み、3D画面上で修復物を設計していきます。

修復物製作
ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が設計図をもとに、セラミックブロックを削り出して修復物を製作します。
お口になじむよう、患者様の天然歯に近い色のセラミックブロックを選びます。

装着
完成した修復物を、特殊な接着剤を使って歯に装着します。咬み合わせに問題がなければ、これで治療完了です。通常、型取りから装着までに要する時間は1時間程度です。

※症例により治療時間は異なります